従順に尻打ちの刑をすすんで受ける松戸は

男は大陰唇に舌を這わせ

もはや、羞恥もてらいもミエもなく、ただひたすらに、灼熱のオーガズムを求めいた。躊躇無く、自らの脚で腰を振ってしまうが、あの灼熱とは、まったく違う。いやああその目の前に、男達の男根が、その先端から、透明な粘液をトロトロとこぼしながら、突きつけられる。ほら、これを咥えてみろ。二人とも逝かせたら、さっきのようにしてやるぞ。亜由美の快楽の限界を見透かしたように、緒方は下から突き上げながら、フェラチオを命じる。

痴漢グループがいると言う話を噂で聞いたことがありますがセックスの快楽だけが正直言って、さっきのような動きは、緒方にとっても限界を早めることになる。ことに、れてない。ろだった。子供を産んだことのない亜由美の締め付けは強烈だった。旦那にも、まだ。荒らさ肉ヒダが、緒方の男根を握り締めるように包み込んでくるから、危うく漏らすとこここは、緒方が、出してしまう前に、亜由美が、自ら男を飲み込まなければならないところだった。快感のため。に自分の意志で、男をくわえ、搾り取るという行為をしてしまえば、亜由美は今後も、自分で自分に言い訳できなくなるのだ。それはとりもなおさず、強烈な催眠のトリガーとなるだろう。

 

セックスの途中で洋介のポカンとした表情がおかしかったのだろう

つまるところ、こうやって緒方に跨りながら、精液を飲み込めば、もはや、亜由美の催眠は解ける心配など無くなると言うことなのだ。いや、少なくとも、そうだと、家元から聞かされていた。何を囁いているのか知らないが、時折、家元は亜由美の耳元に口を寄せる。その度に、亜由美の心が崩壊していくように見えるのが、緒方にとっては興味深かったし、楽しかった。ほれ、早くしろ。緒方が腰を突き上げながら命じれば、もはや、亜由美に拒否する力は残っていない。下着ですか小さな唇が、男をくわえ込んだ瞬間、緒方を包み込む肉ヒダが、また、収縮したのを感じて亜由美は、初めて見知らぬ男を、その可愛い唇でくわえ込んだ瞬間、また、絶頂を迎えてしまった。それこそが、亜由美の心が乗っ取られた、何よりの証拠だった。あの時、男に跨りながら、初めて飲み込んだ精液の味を、ありありと覚えている。忘れようとしても、決して、生涯忘れられないだろう。夫のモノを口でしたことはあったが、今までは、あくまでも前戯に過ぎない。

    1. 美冴緒の口からバイブを取り去った
    1. オナニーをやらないと
    1. 乳首を弄び始めた

欲望を持て余してオナニーしたのに

少しだけ舌先で舐めて、それでオシマイだったのだ。口の中でオトコが出すなんて事を考えたこともなかった。しかし、オトコがオンナを踏みにじるのは、当たり前なのだ。亜由美の小さな唇を使う男達は、それがさも当然のように、容赦なく口の中に出そうとする。しかし、亜由美自身だって、あの時、喉の奥にまで男根を入れられながら、なぜか、頭の奥が、真っ白な快感に占領されてしまった。
クリトリス擦って感じるところよく見ていただきなさい

フェラチオする招待客の足もとにひざまずき

男臭い男根に舌を巻き付けながら、男根が一瞬膨らんだのだ。それこそが、今ではなじみになってしまったが、始めて迎える口の中での射精の瞬間だった。男は、出すぞ、と叫んだのだが、亜由美は、その瞬間、拒否するどころか、舌をカリに絡ま軟口蓋にこすりつけるように奥へと導いていた。それは、もはや、飲む以外に選択のない動作だった。ドクドクと噴き出すような射精を受け止めながら、不思議と子宮までもが収縮していた。