彼女の指が張り詰めた亀頭をしつこく悪戯し続けており

肛門だろうと

そしてプルンと露出した勃起ペニスを手に握ると、いきなりビュッと先走り液が飛び出してしまい、さっそくシコシコと始めてしまった自慰行為による快感は、もうどうなっても良いと感じさせる程恐ろしく甘美であった。憎い男に易々と抱かれ歓びを露わにしてしまう妻の千恵利と、子供っぽいパ。ツを露出して羞恥に慄えている娘の奈々を交互に見やりながら、俺はたちまちのっぴきならぬ状態へと駆け上がって行く。千恵利の方はソファから下りてしゃがみ込み、佐々木のイチモツを取り出すと口にくわえ、両手を股間にやって陰部と尻穴を弄っていた。そんな両親の恥ずかし過ぎる姿から目を離せない奈々は、搾り出すような言葉を口にしたのだが、佐々木はそんな娘の純情も踏みにじった。
オナニーショーだったらもう立派な見せ物に出来る

パパ·ママもう、やめてえー。おやおや、変態さんのくせに言うねえ。奈々ちゃんも、もっと素直にならなくちゃ。キャサリンツ!佐々木が英語で何か伝えると、スカートを両手で持ち上げた格好で動けない奈々の後ろに立ち、手持ち無沙汰にしていたブロンド女が行動を開始した。まず背後にピタリと寄り添ったキャサリンは、見るからに嫌らしい舌使いでレロレロと首筋の辺りを舐め上げる。途端にビク。と大きく反応し、狼狽を露わにしてしまう奈々。

この女にレイプされている

  • 乳首を尖ら立花は粘つきの増してきた膣口に中指を宛がい
  • 昨日の下着だった
  • 子宮に叩きつけた


処女膜があるのか


どうして年上の美人人妻にされると快感を得られるのだろうか

感じてしまったその反応で調子に乗ったキャサリンは、しばらくネッキングを施してから奈々の顔を強引に振り向かせ唇を求める。日本女性なら抜群に背が高いバレー選手の奈々は、自分と同じくらいガタイの良い外人女のレズ愛撫にうろたえ遠目にもわかる。くらいビクビクと身体をおののかせていたので、抵抗する力もなく唇を奪われてしまう。キャサリンは、若くてかわいい女の子が大好物なんだよ。パパやママも楽しんでるんだから、奈々ちゃんもしっかり気分を出しなさい。
股間が疼いているのがはっきりわかる

舌先で舐下半身に移動した智志は

仮にも自分の妻が同席する場で、他の人妻を抱こうと言う佐々木と、それを容認して女子高生にレズ愛撫を仕掛ける外人妻キャサリン。こいつらだって変態じゃないか、と思っても俺に非難する資格があろう筈もなかった。それどころか佐々木夫妻にいたぶられている妻と娘をオカズにせんずってしまう俺は、この異常な状況の中で凄まじい爆発がもうじき訪れる。予感におののいていた。そして、唇を奪ったキャサリ、に上半身の制服を脱がされブラジャーもむしり取られた奈々の、予想を上回る豊かな美乳に目を奪われ、自らの股間をまさぐりながら佐々木のペニスをねっとりとしゃぶり上げている千恵利の悩まし過ぎる痴態にやられた俺は、ドピュッと一発目の精液を噴出してしまう。ほぼ同時に射精したらしい佐々木の肉棒を愛おしげに処理する千恵利は、コクリと咽を鳴らしてザーメ。


尻肉の挟間を下降していく

射精後も先っぽから透明な蜜液を垂らして

を飲み下していた。続いてソファの上に抱き上げた千恵利を佐々木は堂々と犯し始める。千恵利は。タカ君、ごめんなさい!奈々ちゃん、見ないで!などと何度も俺達を気にする言葉を吐きながら、操られている身の悲しさ、易々と身体を与えてしまう。おまけに、精力絶倫なやつの俺より逞しいペニスに貫かれてしまうと、今度は調教された千恵利の身体が否応なく歓んでしまい、20年近い俺との性生活では見せた事のない性の快楽でトチ狂うスケベ女に堕ちてしまうのだ。俺やかに断りの言葉を述べるのと同時に、気持ちいいからのよがり声も盛んに出てしまう千恵利。
なじみのペニスを引っ張り出した


バイブみたいなものを入れて拡げられて

動画の中ではもう見慣れた寝取られ妻の痴態も、すぐ側にいながら佐々木の術で金縛りにあった状態で見せ付けられるのはとても堪らなかった。ご主人様、すてきいー、などと胸の潰れるような本心俺はまだ良い。普段潔癖な少女で性的な事を嫌っている奈々は、恐らく性行為を見る事自体初めてだろう。夫以外の男に抱かれる浮気セックスで悶え狂う実の母親を、彼女は一体どんな気持ちで見ていたのだろうか。それでもパンツを露出した格好で一歩も動けない奈々に、経験の少ない少女を蕩かせるレズ愛撫はお手のものだと言う佐々木の妻キャサリンがまとわリついて、ゆっくりと優しく性の歓びを教えるような淫らないたぶりを加えている。