ザーメン

膣壁をえぐり すると異常に乳首が固まり乳房がパンパ。に張り上がっており、ボクとのエッチを拒絶していた年上妻が本当はひどく欲情し体を疼かせていた事がわかってしまう。恭子さんはいつになくたどたどしく口を使いながら、ボクの力任 […]

尻穴は優秀な快楽源だったのだ

さらに勃起を大きくしていく 鼻をつままれて、仕方なく口をあけると、そこにジャーッと思いきり放尿されます。昨日は四つん這いだったからやりにくかったのでしょうが、今日は私に正座させることもできます。反射的に飲んでしまうことも […]

肉棒が突き刺さり突きあげる

肉棒が今 千恵利も奈々も帰りが遅く、おかしいと思ったら、衝撃的な電話が。何でもないかのように話す千恵利に、俺は頭に血が上るのを感じていた。俺の制止も聞かずもう奈々を店に連れて行き、一緒に働く事が決まったから、今日は遅くな […]

なんの処女だ

ついに兄が射精した予防措置がないから 泉美さん、いっしょに行きましょう。→ああ、どこまでも、んんっ、この異常な世界の終着駅まで走りましょう。はい!どこまでも理紗先生といっしょです!泉美が両手を恥丘にそえて、自分で肉唇を大 […]

中指で亀頭を弾いた

オナニーで激しく極めて叫んでいた大声に比べると そして女子たちの黄色い悲鳴の中にまじって、次の犠牲者となった無関係な男子の。ぎゃあくっつー!コイツ、マジでヤバいぞ、狂ってる。翔太は何と無差別に生徒が群がっている所に発砲し […]

セックスにそれに

の手を股間に這わせてきた 俺は守男に対する怒りが全身に込み上げて来るのを覚えていた。羽黒さん、この子に見覚えがおありでしょう。おいボン、やっぱりテメェが噛んでやがったのか。何の事ですか。トボけるのもええ加減にせえーよりに […]